クレジットカードのブランドを変えたいときの対処

クレジットカードを作成する際に複数のブランドから1つを選択できる場合があります。

後になってから、このときに選んだブランドよりも他のブランドを利用したいと思ったときの対処に関しては、カード会社の規約で違いがあります。

まず、同じクレジットカードを同一名義で複数持つことができる場合、別のブランドで申し込んでカードを追加できます。



店舗によって利用できるブランドに制限があるので、同じカードでも複数のブランドを持っておくと使い分けができるので便利です。
1枚あれば十分なら不要なブランドは解約しましょう。

同一名義では1枚しかクレジットカードを持ていない場合、一旦解約してカードを作り直さなければなりません。このときにカード会社で利用していたキャンペーンやポイントがリセットされてしまうので注意しましょう。



ただし、カードではなく関連するアカウントにポイントが貯まる場合、そのアカウントを解約しなければポイントは残せます。

このようなカード会社では1つのブランドしか利用できないので、別のクレジットカードを作ることも検討しましょう。

いずれの場合でもクレジットカードの作成時に再度審査を受けることになるので、それまでに返済の遅延を起こしていると審査に落ちることもあります。

また、カードを使っていない場合も落ちることがあります。



カード会社はカードの利用によって加盟店から手数料を取って利益を得ています。
カードの発行や管理にはコストがかかるので、全く利用していないと発行しても利益にならないと判断されるので審査に悪影響が出ます。