クレジットカードの限度額を下げる理由には何があるか

クレジットカードの限度額は増額申請で引き上げることができますが、逆に下げることもできます。

どのような理由で限度額を引き下げるかというと、セキュリティ面で悪用されたときの被害を抑えたい場合が挙げられます。

クレジットカードには盗難保険が付帯しているので、不正利用されても補償が受けられます。


しかし、過失があったと判断された場合には補償が受けられないこともあるので、限度額を下げておくことで被害が少なくなります。

使い過ぎを抑える自信がない場合も限度額を下げて使えないようにしておくと良いでしょう。もし下げたことで、緊急な高額の出費に対応できなくなったときは、一時的な増額を申請します。

通常の増額よりも審査に通りやすくなっています。

クレジットカードで利用できる金額は各カードの限度額の他に、収入に応じた与信枠で決められています。


限度額を引き上げたり、複数のカードを発行するなどしていると与信枠に空きがなくなってしまい、クレジットカードを追加で発行したくても審査に通らなくなります。



そのため、限度額を引き下げて与信枠に空きを作っておくと審査に通りやすくなります。



なお、限度額を引き下げる場合、引き上げとは異なり、代金を支払えなくなる恐れがないため、審査はありません。


しかし、元の限度額に戻す際には増額申請をしなければならず、審査が行われます。



手続きが必要で面倒なので、本当に下げて良いか検討してから引き下げを行いましょう。