クレジットカードの審査に落ちたときの注意点

クレジットカードの審査に落ちたときに、すぐに再度申し込みをしないように注意します。

これは同じカード会社だけでなく、他社に対してもしない方が良いです。



まず、クレジットカードの審査に落ちるということは属性や信用情報に問題があり、カード会社から利用を認めるのは妥当ではないと判断されたからです。

審査は全てコンピュータによって行われるのではなく、人が判断する部分もあるので、同じ状態でも再度申し込むことで通る可能性がないとは言えません。


しかし、短期間で信用を得られる状態に属性を変えるのは難しいため、すぐに同じカード会社に申し込んでも落ちる可能性が高いです。
他社に申し込む場合、落ちたという記録が問題になります。


短期間に申し込みをしていても審査に通っているのであれば良いのですが、落ちていると何か問題があることになります。



クレジットカードの申し込み記録は6か月間は個人信用情報機関に記録されているので、この期間は他社からも落ちたということが知られてしまいます。
他社で信用を得られない申し込み者に対しては警戒されるので、通常であればそのクレジットカードの審査に通る人でも落とされる危険性があります。


そのため、落ちてから6か月は間を空けた方が良いでしょう。

期間を空けずに申し込みを繰り返していると、いつまでも落ちた記録が残り続けて審査に悪影響が出ます。
また、いくら期間を空けても元々の属性や信用情報に問題があれば審査に通りません。

何が原因なのか考えて改善してから申し込んだ方が良いでしょう。