クレジットカードは安全でお得

クレジットカードは怖いものだと考えている人も少なくありませんが、使い方を間違わなければ現金払いよりもお得で安全なものとなっています。

クレジットカードの怖いところというのは、お金を扱っている感覚を失ってしまいがちでつい使いすぎてしまう傾向にあるということですが、それはあくまでも使う人の問題であり、カード自体に問題があるわけではありません。
逆に現金でもカードでも支払う金額が変わらないというのであれば、クレジットカードを使用する利点のほうが大きくなるのです。

現金で支払いをした場合何かを還元されるということはありませんが、カード払いであればポイントが還元されます。



その店で独自に発行をしているものであれば、別途割引などが受けられることもあるのでその時点で現金よりも得をすることができます。



カードは安全性に問題があるのではと思っている人も多いものですが、カードの不正利用というのはカード会社から補償をされますから勝手に使われてしまった場合にその分の使用料を支払わなければならないということにはなりません。



しかし、現金の場合には誰かに勝手に使われてしまうと戻ってくることはありませんから、安全性の面でもクレジットカードのほうが有利だといえます。

不正利用される可能性という点でいえば、現金のほうが安全性は高いと言われますがいざ不正利用をされてしまったときのことを考えると補償があるカードのほうが安全なのです。