クレジットカードの返済を滞納するとどうなるか

クレジットカードを使い過ぎて返済を滞納してしまった場合、督促の通知が来ます。

これに対してコールセンターに連絡を入れ、なぜ遅れてしまったのか、いつまでに支払いができるのか説明しましょう。

すぐに支払えるお金があるのであれば、指示に従って指定された口座に振込みを行うなどの対応を行います。

クレジットカードの返済を滞納するとブラックリストになり、カードやローンが利用できなくなると思われていますが、すぐに支払いができればブラックリストにはなりません。
2か月から3か月間、支払いできないでいると長期間の滞納として個人信用情報機関に記録されます。



すぐに支払いをした場合でもペナルティが何もないわけでありません。
1日ごとに遅延損害金が発生してしまうので、できるだけ早く支払わないと余計な出費が増え、さらに支払いが困難になります。
また、カード会社からの信用が失われるので、増額したくても審査に通らなくなります。短期間であっても滞納を繰り返していれば強制解約になり、残債を一括請求されることもあります。



カード会社からの督促を無視し続けると、クレジットカードが使えなくなり、ブラックリストになるだけでなく、最終的には法的措置を取られて財産を差し押さえられます。



タイミングはカード会社によって異なりますが、督促を無視し続けても解決することはありません。

そのため、返済が不可能になった場合は司法書士や弁護士に相談して債務整理で解決できないか検討しましょう。