クレジットカードとデビットカードの違い

最近よく耳にするようになったデビットカード。

クレジットカードと同じようにキャッシュレスで買い物できるので、両者の違いがよくわからないという人も少なくないでしょう。

キャッシュレスで便利な生活を実現するためには、似たような機能を持つこれらのカードの違いは何か、その特徴を含めて理解しておくことも必要です。デビットカードは主に銀行で取り扱われているカードです。



クレジットカードとの大きな違いは先払い制であることでしょう。デビットカードはカードで代金を支払うと、そのままダイレクトに口座からその分のお金が引き落とされます。

つまり指定した口座の残高しか利用できないということです。

ですからお金の管理が難しい人や、クレジットカードだとついつい使いすぎてしまうという人には向いている商品と言えるでしょう。

ただ一部利用できない時間帯もあるので利便性の面から言えばマイナスです。



一方、クレジットカードの魅力はお金は後で支払えばいいということです。



給料などの収入が見込める場合は、今現在お金がなくても欲しいものをその場で手に入れることができます。
また最近は各カード発行会社がポイントサービスにも力を入れており、うまく活用すれば非常にお得なサービスを受けることができます。

現在のところ、デビットカードではこのようなサービスは盛んではないので、利便性やサービスの充実度といった面から言えば、デビットカードよりクレジットカードのほうに軍配が上がるでしょう。